みんなが気になるリフォーム料金について

  • リフォームしたいけど、予算が
  • 水回りのリフォームを頼みたいんだけど、いくらぐらいするのかな
  • できるだけコストを抑えて改装したい
  • リフォームしたことがないから相場がわからない

リフォームの際、皆さんが気になることはやはり料金についてではないでしょうか? 業者へ依頼する場合は、見積もりを取って、詳細をしっかりと確認してください。わからないことがあれば細かいことでも質問するようにしましょう。また、見積もりは複数社から取って比較してみるのもおすすめです。

以下ではリフォームにはどのような費用がかかるか、そして料金の内訳についてご説明します。

リフォームにかかる費用って?

 リフォーム業者によって見積もりの詳細内容は異なり、場合によっては「工事一式 万円」など曖昧に記載しているだけのところもあります。一般的にリフォームの工事費は

直接工事費共通費(管理費や経費)+消費税

となっています。

直接工事費の内訳

 直接工事費と聞いても多くの方がピンとこないのではないでしょうか? 直接工事費には一般的にこの費用が含まれます。

  • 材料費(※)
  • 労務費(工賃)
  • 機械器具費(リース機器なども含む)
  • 仮設材費(足場や養生材など)
  • 運搬費
  • 撤去・処分費

※材料費はリフォームで使われる床材や壁紙などのほか、システムキッチンや洗面カウンターなどに使用する設備の価格を指します。リフォーム業者によって、同じものでも安くなるケースもあります。

共通費の内訳

共通費には以下2つの費用が含まれます。

共通仮設費 管理費
工事のために使う足場や養生材・シートなどにかかる費用。 リフォーム会社の経費。そのなかでも業者が行う企業活動のための「一般管理費」と、工事現場にかかる「現場管理費」に分かれます。