大切な家族、財産を守る「耐震リフォーム」

  • 「中古物件を購入したから、大がかりなリフォームを頼みたい」
  • 「古くなった家の耐震補強をして欲しい」
  • 「地震に備えて、耐震リフォームしたい」

地震はいつ起こるかわかりません。いざというときに大切な家族の安全を確保するために、耐震リフォームをしませんか?耐震性を高めると家の寿命も長くなります。あなたとご家族、そして大切な財産である家を守るためにも、耐震リフォームがおすすめです。こちらではテコナの耐震リフォームに関するサービス内容を、事例を交えてご紹介します。

耐震リフォームとは?

 建物の耐震性、そして安全性を高めるために補強する工事のことを「耐震リフォーム」といいます。地震の際に建物が壊れないように補強し、被害を最小限に抑えられます。リフォーム内容は、建物の基礎や壁、壁面の補強となります。

従来までの木造住宅の構造躯体では無筋コンクリートの基礎が多く、その大半は経年劣化しており、現在増えている耐震性を重視した鉄筋の基礎やベタ基礎より、耐震強度がかなり低いといえます。そこでおすすめなのが、耐震リフォームをして基礎を補強して安全性を確保するということ。また、建物の基礎を補強するだけが耐震リフォームではありません。

壁の補強
新しく壁を増やしたり、すでにある壁の剛性を高めたりします。既存壁の場合は外壁を剥がし、外部、または室内から補強します。
足元の補強
足元部分を強固にするために柱に金物を取りつけ、柱を土台にしっかり固定します。アンカーボルト(土台と基礎を留める部品)を使用して固定します。
傷んだ部材の交換
シロアリや湿気などにより土台や柱が傷んでいる場合は、防蟻処理した木材を使用するなどして、その部分を取り替えます。
床面の補強
壁の補強と同じように接合部に金物を取りつけ、耐震性を高めます。
接合部の補強
接合部に金物が使われていない場合は、接合部を金物で補強します。